読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wattsの備忘録

仕事にはMac、FF14にはWindows、サッカーはAersenal、野球は中日。その辺のことを備忘録的に。

FF14 を始めるにはどの程度の環境が必要か?(拡張パック向け)

FF14 拡張パックに向けた環境考察

FF14ベンチマーク遊びの続きです。

友人もFF14に誘い込もうとしているのですが、PCでやる場合どの程度の環境が必要?とよく聞かれるので、拡張パックに向けて新ベンチマークを使って検証。

手元にある比較的新しいの環境の内、新しく始める方が気軽に買えそうな範囲ということで色々試してみました。

以下『とりあえず初めてみる』人に勧めるための目標や前提。

  • ディスプレイはFullHD、フルスクリーンを想定
  • ひとまず新ベンチで非常に快適を目指す
  • 10万円程度の出費で快適にプレイ出来ること目指す

まずは検証用環境の概要

CPU:Corei7 4790K(3.4GHz)

グラボ:GTX760

メモリ:8GB

ストレージ:SSD256GB

この環境を使って色々と設定を変えながら、快適にプレイできそうなラインを探ってみます。これなら10万円程度でディスプレイとセットで買えそうですし。

以下、色々と検証

■ WQHD(2560x1440)+最高品質、DirectX11

まずはこいつを他の記事と同様 WQHD+最高品質で実行してみた結果。
スコア3,581、平均28fpsで『快適』となりました。

f:id:watts11:20150427190329p:plain

さすがにWQHDだとちょっと辛いのかもしれません。
とはいえ『快適』という評価なので、意外とこれで大丈夫なのかも。

■ FullHD(1920x1080)+最高品質、DirectX11

WQHDのディスプレイまで買わせるのもどうかと考え、一般的なFullHDでチェック。スコア5,717、平均45fpsで『とても快適』という結果に。

f:id:watts11:20150427202737p:plain

これで十分行ける気がしなくもない。公式に”とても”快適と言われてる訳ですし。
レブナンツトールやSモブ、オーディンなどではちょっと重くなりそうなので、そこでストレスを感じないようにと考えてもう少し設定を落としてみます。

■ FullHD+カスタム、DirectX11

見えないものの描画簡略化(オクルージョンカリング)と、遠景の簡易表示(LOD有効化)を行ってみて次のテスト。
結果はスコア5,992、平均47fpsで『とても快適』

f:id:watts11:20150427202855p:plain

最高品質と比べて大差ないですね。
そう考えると、この設定はあんまり意味ないかも。極端に負荷の高い環境が続くようだと、この辺の設定が効果ありそうなんですが。

■ FullHD+最高品質(Direct9相当)、DirectX11

プリセットにあるDirect9相当の最高品質を選択。
結果はスコア7,917、平均63fpsで『非常に快適』

f:id:watts11:20150427205326p:plain

うむ。なかなかですね。
ということで、ディスプレイがFullHD程度なら、このマシンでも結構行けそうです。

総括

CPU

今回の検証ではCorei7を使いましたが、それほどCPU負荷が高いゲームではないと思うので、グラボ中心で考えれば良いと思います。レブナンツトールの一部など、妙にCPU負荷が掛かって980SLI環境でもfpsがだいぶ落ちるところがありますが、これは大して気にする必要もないかなと。

とはいえ、予算次第ですが、ゲームするならやっぱりCorei7がいいかな

ストレージ

HDDとSSDは、ベンチのスコア的にはあんまり影響なさそうです。ただし、ベンチ結果のローディングタイムでもHDDの方が1.5倍程度の時間がかかるので、エリア移動時などの読み込みを考えるとSSDが良さそう。

ゲーム以外で使う場合でもSSDの恩恵は大きいのでSSDがお勧め。ゲームは当然Cドライブ(SSD)にインストールするとしてOSで使う分も考慮すると、256GBが無難。128GBでもいいとは思いますが、その場合、その他のアプリを出来るだけDドライブ(HDD)にインストールするなどの工夫が必要かと思われます。

メモリ

今回は8GBでした。欲を言えばキリがないけれど、これで十分かと。

グラボ

GTX760なら非常に快適が気軽に目指せそうです。GTX750クラスだと最高品質で『非常に快適』はちょっと厳しいかな(3DMark11のスコアでも1.5倍位の性能差)。

予算に余裕があればGTX960も良いかもしれません。GTX960の方が優れているのは主に消費電力。スペック的にはドライバがもう少し最適化されるまでGTX760と大差ない感じのようです(高負荷下ではGTX760が上回ることも)。

GTX760のマシンが安くなってたらお買い得かもしれません。

FF14の設定

定量的な評価がないのであくまで主観ですが、DirectX11を使った方が多少設定を下げてもかなり綺麗に感じます。DirectX11で最高品質(Direct9相当)か、カスタム設定(見えないものの描画簡略化と遠景の簡易表示)辺りを試してみて、自分が気持ち良い設定を探してみると良いと思われます。

ちなみに、DirectX9でベンチを回してみてもスコア8,109、67fpsで『非常に快適』と、上記設定と大差ない値だったので、DirectX11推奨です。

 

まとめ

あくまで個人的な感想ですが、

  • CPU:Corei7 3.0GHz以上
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • グラボ:GTX760 or GTX960

予算を削る場合は、

  1. ストレージを128GB SSDに変更
  2. CPUをCorei5に変更
  3. グラボとメモリはなんとか上記をキープして安いところ探す

という感じじゃないかと思います。